Entry: main  << >>
9月が終わりました

10月も9日になってしまいましたが、タイトル通り、9月はあっという間に過ぎ去りました。

 

それぞれのイベントにお越しくださり、作品をご高覧くださいました皆さま、それぞれのイベントのスタッフの皆さま、そしてご一緒した作家の皆さま、本当にありがとうございました…!

 

初めて試みた動物診断+動物顔絵でしたが、Animal Wonderland大阪展/東京展、個展と、一カ月弱の間で43組の方たちに参加していただけました。

ご参加くださいました皆さま、どうもありがとうございました。

診断については、ウィキペディアで動物の特性を自分なりにチャートにしたもので、科学的根拠はないことになります。

その動物の生態、習性に近い、という判断です。(後半の質問には、少し外した質問も入れたりしていますし)

アトラクションとして、楽しんでいただけていたら嬉しいです。

 

描いてみてわかったのですが、描き出すと口が閉ざされることです…

Animal Wonderland展で、参加作家のミヤザキさんが似顔絵をやってらしたのですが、描きながらしっかりお客様と話していて、すごいなあと感心しました。

普段作業中、誰とも話さないこともあり…というのは怠慢かもしれないのですが、描きながらもう少しお客様とコミュニケーションできたらいいなあと思いました。反省点。

でも個展で福田さん(ギャルリー・ジュイエのオーナー)から、「昔のカオリさんじゃ動物顔絵できてなかったと思う」と言われたので、昔よりはコミュニケーション能力は上がってるようです…上げていかなくては…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上、43組の動物絵でした。

(背景が木目のものはAnimal Wonderland展、深緑のカッターボードは個展時のものです)

皆さんのエピソードをお聞きし、楽しく描くことができました◎

 

個展『ねんどでつくる』では、粘土で作品をつくるワークショップもしました。

土日は親子での参加がメインでした。

 

 

 

 

500円で1からつくるワークショップでは、アンパンマンとドラえもんをつくりたいというお子さんが多く、根強い人気を感じました。(画像が横向きになってたらごめんなさい。なぜか直せない…)

 

 

フィギュアをつくるワークショップは、カップルでのご参加でした◎

仲睦まじく作業していらっしゃいました。

 

 

少し個展風景を。

 

 

宇宙空間。ライトが太陽っぽく撮れました。

福田さんに吊っていただきました。

 

 

 

参加してくださった方たちの作品などを貼るスペース。

 

 

 

懐かしのNumber外国人選手(2012年制作)、ズラタン選手(2017年)、大迫勇也選手(MUNDIAL JPN用/2018年)を並べました。

一見では、ニスのツヤありとなしの違いがわかりやすい違いですが、造形も大分変わってると思います。

(彩子、作品のお貸出しのご協力ありがとうございます◎)

 

 

 

(画像が回転してたらごめんなさい)

実は初めて犬を自分としてつくりました。少し恥ずかしい。

期間中、ふみさんの方を気に入ってくださる方ばかりで、「私は…?」と複雑な思いでした…笑

 

動物顔絵にご参加くださった方から、「ふみさんの顔はなんですか?」と聞かれたので、「何だと思いますか?」と聞き返したら、「…………じゃがいも?」と。

私がデフォルメしすぎてるので、この方はまったく悪くなくむしろ面白かったのですが、アザラシとじゃがいもとの造形の関連性を考えた秋口でした。

 

 

 

最終日の終わり間際に来てくれた、のりさんとねこさん。

搬出作業を快く手伝ってくだり、本当に助かりました。

ありがとう!!!涙

 

個展『ねんどでつくる』は、5日間という短い期間で、土日に秋雨や台風の影響を受けたりしましたが、お足元悪い中でもお越し下さる方もいらっしゃり、動物診断はじめ、いろんな方とお話することができ、充実して長く感じた5日間でした。

福田さん、大変な棚付けから、期間中、大変お世話になりました。

ありがとうございました。

夫をはじめ、家族のみんなも、ありがとうございました。

 

次の個展は来年の4月になります。

動物顔絵も、またこのときにやろうと思います。

次の個展に向けては、ふみさんとの漫画を一冊にすることが一番の目標です。

またどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

ふみさんであれですが、ふみさんが10月14日(日)にイベントを催します。

 

『わたわたフェス FICTION with DISCOMMUNICATION』

https://watawatafes.peatix.com/

 

 

敬意をもって謝礼をお支払いすることを重んじるところは、とても良きことだと、一表現者として思います。

(妻としては、貯金がなくなるのは複雑です。)

編集者としてなにができるか、ふみさんの挑戦です。

成功してもらわないと困るので、色々お手伝いをしています。(イベントビジュアルのイラスト、当日配布する冊子にもイラストを描き下ろしています。ちなみにこの漫画も告知用)

イベント当日、私もスタッフとして会場にいます。

 

柴崎友香さんと伊藤亜紗さんの対談回は満席となっていますが、他の回は引き続きご予約受付中です。

どうぞよろしくお願いいたします!

| タカハシカオリ | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment








Trackback

Calendar

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Profile

Book

Search

Entry

Comment

Archives

Link

Feed

Others

無料ブログ作成サービス JUGEM

Mobile

qrcode